大好きな音楽の話をしたいな
by oldblues
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Anything But Time

b0008880_2322295.jpgマット・スコフィールドの演奏を初めて聴いた時、直ぐに浮かんだ感想は「ギターが上手い」ということだった。そりゃ相手はプロなのだから上手いのは当たり前なのであるが、そういうことは百も承知の上での素直な感想なのだから仕方ない。

彼はイギリス出身のギタリスト、日本ではなぜかマイナーな存在のようだが、Youtubeなどで検索すると、多数の有名ミュージシャンと競演している動画を見ることが出来る。それだけ実力が認められているということなのだろう。

やっている音楽はブルースなのだが、あまり泥臭さは無い。そのギターからはソフィスティケートされた、多彩で流麗なフレーズが次々と繰り出される。それでいてブルース・フィーリングもきっちりと感じさせてくれるのだ。これは彼が単なるテクニシャンにとどまらない、非凡な才能の持ち主であるという証ではないだろうか。

どうしてもギターに耳が向いてしまうが、ヴォーカルの方もなかなか味がある。もっともっと聴きこみたいミュージシャンの一人である。マット・スコフィールドバンド(トリオ)でライブ・アルバムも出ているけど、そちらもカッコいいですよ。
[PR]
# by oldblues | 2013-04-07 23:03 | Blues

Smokin'

b0008880_2227915.jpg年の若い友人に70年代のロックをいろいろ聴かせたところ、このアルバムが気に入ったとのことだった。ずいぶん渋い好みだなと思いつつ、僕も久方ぶりに聴き直してみた。そしたら改めてこの作品の魅力に惹かれ、立て続けに5-6回聴いてしまったのだ。

ハンブル・パイと聞いて直ぐに名前が浮かぶのは、スティーブ・マリオットとピーター・フランプトンだろうが、本作はピーター・フランプトンが脱退してからの作品だ。しかし後任のギタリストであるデイヴ・クレム・クレムソンは、ピーターの抜けた穴を埋めて余りある働きをしている。決して表に出すぎず、しかし「ここぞ」という時には効果的で素晴らしいソロを弾く。そういう点はベースやドラムも同じで、あくまでもスティーブの歌の引き立て役に徹しながらも、きちんと存在感を主張する。つまりバンドとしてのまとまりが非常に良いのである。

特筆すべきは、やはりスティーブ・マリオットの歌の上手さだろう。彼は単に高い声が出るというだけのヴォーカリストではない。どの曲も全てがソウルフルで、今回何度も聴き直す中で「並みの歌い手ではない」と再認識させれた。

彼らの演奏はタイトにしてルーズ。ルーズにしてタイト。音と音の隙間に心地良い緊張感がある。ここら辺、ちょっとストーンズに似ているのではないでしょうか。
[PR]
# by oldblues | 2013-03-24 22:28 | Old Rock

Los Lonely Boys

b0008880_23123180.jpgロス・ロンリーボーイズは、メキシコ系アメリカ人であるガルサ3兄弟で構成されるトリオバンドだ。
バンド名の「Los」はスペイン語の冠詞である。続く「Lonely Boys」というのは、アメリカ社会におけるマイノリティの悲哀を表しているのだろうか。いや、これは想像にしか過ぎないのだけれど。

彼等の作り出す音楽はブルースやロックにラテン音楽が融合されたもので、歌詞の中にも頻繁にスペイン語が登場するためかエキゾチックな感じがする。リズムの乗りも独特だ。楽曲のメロディ・ラインはどれもキャッチーだし、ギターがよく歌う。気持ちのよいサウンドの中に哀愁が漂っている。

紹介しているのは2005年に日本で発売されたSpecial Editionというやつで、全15曲が収録されている。(輸入版は13曲)ヒットした曲といえば02 Heavenになるのだろうが、僕にとって最も聴き応えがあるのは7分を超える08 Ondaである。このアルバム以降、何枚も作品が発表されているけれど、僕はいまだにこのアルバムが一番だと思う。

01 Señorita
02 Heaven
03 Crazy Dream
04 Dime Mi Amor
05 Hollywood
06 More Than Love
07 Nobody Else
08 Onda
09 Real Emotions
10 Tell Me Why
11 Velvet Sky
12 La Contestación
13 Heaven (en Español)
14 More Than Love (en Español)
15 I Walk The Line
[PR]
# by oldblues | 2013-03-20 23:16 | Rock

つづれおり

b0008880_23432054.jpgキャロル・キングはシンガーとしてよりもソングライターとして先に頭角を現した人で、リトル・エヴァや、後にグランド・ファンク・レイルロードが大ヒットさせた「ロコモーション」や、ドリフターズの「アップ・オン・ザ・ルーフ」などは彼女の手によるものである。

しかしそんなことには関係なく、このアルバムは素晴らしい。大ヒットした③や⑦はもちろん、全ての楽曲が粒ぞろいで捨て曲はひとつもない。

彼女が生まれたのは1942年というから、「つづれおり」を発表した当時は20代の終わり頃ということになる。だからというべきか、それなのにというべきか、全編に瑞々しい感性が溢れ、シンプルでありながら美しく、一本筋の通った力強さすら感じさせる好アルバムに仕上がっている。さすがは殿堂入りの名盤と言われる所以である。

1. I feel the earth move
2. So far away
3. It's too late
4. Home again
5. Beautiful
6. Way over yonder
7. You've got a friend
8. Where you lead
9. Will you still love me tomorrow
10. Smackwater Jack
11. Tapestry
12. You make me feel like a natural woman

時々日が射したと思ったらまた曇る。晴れそうで晴れない薄曇りの空。そんな冬の日の午後、僕は暖かい部屋にいて、炬燵の中で「つづれおり」を聴いている。うつらうつらしてハッと気づいたら、いつの間にかアルバムは終わっていたのだった。
[PR]
# by oldblues | 2010-02-06 23:44 | Old Rock

ブルー・スピリット・ブルース

b0008880_23141581.jpg浅川マキが死んだ。
名古屋のホテルで亡くなった。
67歳。病死だという。
とても信じられない。
彼女が死んだことも
67歳になっていたことも。

独特な世界をもっていた。
ワン・アンド・オンリーという言葉は、彼女のような存在にこそ相応しい。
熱烈なファンではなかったが、昔からずっと聴き続けて来たんだ。

今夜は大好きな彼女のアルバム「ブルー・スピリット・ブルース」を聴こう。
そして、浅川マキという素晴らしいシンガーがいたことを静かに偲ぼう。

きっと今夜は世界中が雨だろう
[PR]
# by oldblues | 2010-01-18 23:17 | Blues

Zuma

b0008880_23313970.jpgニール・ヤングは多作の人だ。キャリアも長い。僕は彼の大ファンというわけではないが、気が付いてみるとかなり多くの作品を聴いている。中には「?」と思うものも無いではないが、たいていは好きだ。そう考えてみると、僕は自分で思っているよりも、かなり(ニールに対する)ファンとしての度合いが高いのかもしれない。

1. Don't Cry No Tears
2. Danger Bird
3. Pardon My Heart
4. Lookin' for a Love
5. Barstool Blues
6. Stupid Girl
7. Drive Back
8. Cortez the Killer
9. Through My Sails

さて、この「Zuma」は、クレイジー・ホースとの共同名義でリリースされた1975年の作品だ。数ある彼のアルバムの中で何枚目になるのかは知らないが、とても好きな作品のひとつである。

収録曲の中では、やはり定評のある「2」と「8」が良い。それなら他の楽曲はどうかといえば、これが全て良い曲ばかりなのだ。個性的で伸びやかなギターソロが聴けるエレクトリックな曲とアコースティックな曲、そのどちらもが素晴らしい。こういうのって「隠れた名盤」と言うんですかね?

それにしても「Zuma」とはどういう意味なのか。そしてまたこの下手糞?なイラストは誰の手によるものなのか。知っている方がおられたら是非教えて欲しいものである。
[PR]
# by oldblues | 2010-01-09 23:37 | Old Rock

Sweet Soul Music

b0008880_1382896.jpg所用のため元日から出社した。もっとも関係部署にFAXを流すだけの仕事だし、以前から決まっていたことだから、とりたてて負担も感じない。遅い時間に出社し昼前にはもう帰途に着いた。

帰りの車中で聴いたのが、アーサー・コンレイのスイート・ソウル・ミュージック。それにしても「スイート・ソウル・ミュージック」というタイトルは秀逸だ。シンプルだけどとても良い。だって、今直ぐにソウル・ミュージックが聴きたくなるでしょ?

年末からの寒波で昨夜から降っていた雪も止み、頭の上には青空が広がっている。外は寒いのだろうけど車の中は暖か。用事を済ませた開放感と良い音楽で、ささやかな幸福感を感じる。ほんのひと時の「刹那の幸福」というやつだ。

どうせ幸福なんて長続きはしない。こんな刹那の幸福の積み重ね、実はそういうのが最も大切なのではないだろうか。そんなことを考えた。
[PR]
# by oldblues | 2010-01-01 13:09 | R&B/Soul

Caminhos cruzados

b0008880_2246711.jpgiPodで音楽を聴いている人ならご存知だろうが、自分の好きな曲にレートをつける機能がある。具体的には「★」マーク1つから5つまでで評価し、その数でお気に入り度を表すわけだ。ぼくもiPodを聴いていて気に入った曲が出てくると、その時の気分でレートを付けている。自分がどんな曲を好むのか、その傾向を知ることも出来て楽しい。

そして今日、ぼくはGal Costaの「Caminhos cruzados」に星を4つ付けた。92年に発表された「GAL」というアルバムに収録されている、ゆったりとした美しいボサノバだ。意味は「交差した道」。ギターやピアノにストリングスが絡み、それにGal Costaのシルキーヴォイスが加わるのだから、これはもう悪い曲のはずがない。

まだ明るい夏の黄昏時、一日の仕事を終えての帰り道。ようやく涼しくなってきた風に吹かれながら聴く音楽は、たいてい5つ星を付けたくなるものだ。しかし、そんな情緒的な部分を割り引いてもこの曲はいい。とてもいい。

ぼくは何故か陽気になり、口笛を吹きながら家路を急いだのだった。
[PR]
# by oldblues | 2009-06-23 22:46 | Latin

Hoje

b0008880_2341086.jpgデビューから現在に至るまで40年以上の長い期間、ブラジルを代表する歌手の一人として、常に第一線で活躍し続けてきた。だから発表されているアルバムの数も多い。そして、そのどれもが一定以上の水準をキープしている。さすがはブラジル音楽界の女王である。

本作は2005年の作品で、この時ガル・コスタは確か60才のはずだ。しかし全く衰えは感じさせない。それどころか歌に円熟味が加わり、ますます深い味わいを見せている。何度聴いても飽きない。捨て曲も無い。掛け値無しの名盤だ。

1. Mar e Sol
2. Voyeur
3. Pra Que Cantar
4. Te Adorar
5. Santana
6. Hoje
7. Jurei
8. Logus-pe
9. Luto
10. Nada a Ver
11. Os Dois
12. Sexo e Luz
13. Embebedado
14. Um Passo a Frente

タイトルになっている「Hoje」とは「今日」という意味だ。「現在」を表してもいるのだろうが、彼女が今まで生きてきた人生、流れていく時の連鎖の瞬間を切り取って僕らに提示してくれている。そんな気がする。

そしてガル・コスタの歌は草原を渡る風になって届く。時に仄かに、時にさやかに、何かを語りかけてくる。しかし、それが何であるのかを知ることは出来ない。僕らはただ風に吹かれているだけだ
[PR]
# by oldblues | 2008-08-02 23:05 | Latin

Otis Blue

b0008880_2195472.jpg「Otis Blue」というタイトルは、なんと素敵で、且つ適切なタイトルであることだろう。ジャケットのデザインも良いし、タイトルの横に「OTIS REDDING SINGS SOUL」と謳ってあるのもカッコいい。まさに魂を歌うという感じで、このアルバムにぴったりだ。

当然ながら内容も「素晴らしい」の一語に尽きる。今更ここで僕などが力むまでもなく、誰もが認めている名盤だ。オーティスのアルバムはどれも水準が高いがが、本作をフェイバリットに挙げる人は多いこと だろう。

1. Ole Man Trouble
2. Respect
3. Change Is Gonna Come
4. Down in the Valley
5. I've Been Loving You Too Long
6. Shake
7. My Girl
8. Wonderful World
9. Rock Me Baby
10. (I Can't Get No) Satisfaction
11. You Don't Miss Your Water

オーティスのバラードの上手さは定評のあるところだ。ここでも「1」「3」「5」「11」など、美しくも切ない歌を聴かせてくれる。特に僕は「5. I've Been Loving You Too Long 」が大好きで、彼が歌うバラードの中でもベスト5に入る出来だと思っている。胸がかきむしられるような熱唱は心の深いところまで届き、涙無くしては聴けないというのはこういうことなのだろうと思う。

もちろん、素晴らしいのはバラードだけではない。アップテンポもミディアムも、他のアーティストのカバー曲も、全ての水準が高いのだから驚く。普通カバー曲というのは、よほどのことが無い限りオリジナルを超えるのは難しい。その曲がヒットしていればいるほど、元歌のイメージが強く残っているからだ。このアルバムの中でもサム・クック、テンプテーションズ、ストーンズなどの有名曲を採り上げているが、まるで自分の作品であるかのように消化しきっているのはさすがである。

なんだか徹頭徹尾誉めてばかりという文章になってしまったので、一つだけ不満を言わせて頂くことにする。おそらくは個人的な好みの問題なのだろうが、収録された楽曲のうち「9. Rock Me Baby」にだけ、少し違和感を覚えてしまうのだ。

オーティスはブルースではなくやはりソウルの人だと思うのだが、どうだろう。
[PR]
# by oldblues | 2008-07-26 21:13 | R&B