大好きな音楽の話をしたいな


by oldblues
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

夏のぬけがら



b0008880_23421160.jpg
元ブルーハーツ、現ハイロウズのマーシーこと真島昌利の1stソロアルバムだ。
ブルーハーツは大好きなバンドだけれど、「同時代を生きた」と言い切るには、僕は少し年をとりすぎている。そのため、ブルーハーツのことは、いわゆるヒット曲を通じてしか知らなかった。

それがどうしてこのアルバムを手にする事になったのかというと、真島の3枚目のソロとなる「RAW LIFE」のジャケット写真を見たからだ。
頭にバンダナを巻いて髪を逆立て、腕組をして立っている彼の表情は、「只者では無い」と思わせるのに充分なオーラを発していた。
つまり僕はこの「夏のぬけがら」をずいぶん後になってから聞き(そしていっぺんでファンになって)2nd・3rdと聞き進んだ後、そこから先祖がえりのようにブルーハーツまで遡って聞く事となったのだ。

さて、このアルバムである。収録されている作品群は、ブルーハーツにおけるそれとはいささか趣きが異なり、1人のシンガー&ソングライターとしての真島昌利の魅力が展開されている。フェイバリットは「夏が来てぼくら」だが「カローラに乗って」もいい(「カローラ2に乗って」ではありませんよ)
「風のオートバイ」なんかはとても気に入りすぎたため、バンドでやっちゃったくらいなのだ。
とにかく全ての楽曲がお気に入りで、僕にとってはまさに「珠玉の作品群」と言っても過言ではない。

夏が来てぼくらアイスクリーム食べて笑った
夏が来てぼくら何回目の夏か数えた

著作権の関係で歌詞を全部載せられないのがつらいが、この人の詩作の能力が、このフレーズからだけでも伝わるのではないだろうか?少年期特有のリリシズムが非常にうまく表現されている。

この人の楽曲の大きな魅力の一つは歌詞にあると思われる。おそらくは文学青年なんだろうな。韻を踏んだり、独特の比喩や表現などにハッとさせられる事もしばしばだ。アルバムの中で、詩人としても才能を認められている友部正人の作品を取り上げている事からも類推出来るように、真島昌利は言葉を大切にするロックンローラーなのだ

決して上手とは言えない、狂気が内包された歌。そして彼は、その隠された狂気をもって美しいフレーズを歌うのだ
[PR]
by oldblues | 2004-08-28 22:42 | J-POP