大好きな音楽の話をしたいな


by oldblues
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

インカ・クイーン

b0008880_22122067.jpg数あるニール・ヤングのアルバムの中で、本命ではないけれど愛聴盤というのが「ライフ」(87年)である。調べてみたら通算21枚目というから、やっぱりたくさん出してるなあ、この人。

ご存知ニール・ヤングは、今は年をとってそれなりに丸くなっているようだけれど、実はかなりイっちゃってる人だ。目つきも鋭く、かなり怖い。それなのに声はすごく優しくてナイーブな感じがする。その声で美しい曲を歌うかと思えば、一方で大音量の爆裂ロックを歌う。なんかこう書くと支離滅裂でめちゃくちゃな人のようだが、どれもがニール・ヤングの真の姿なのだと思う。
「優しい狂気」・・・仮に彼の内面を一言で表現するならそう定義したい。
そんな彼のバック・バンドとしてクレイジー・ホースのサウンドは相応しい。このアルバムで6年ぶりに競演したらしいが、聴いていてやはり一番しっくり来る。

「ライフ」の中で僕のお勧めは①ミッドイースト・ヴァケーション⑤トゥー・ロンリー ⑨ウィ・ネヴァー・ダンストなど。⑤ではいきなり「さみしい!さみしい」の連呼で、いい年したおっさんがどうしたのかという感じもするが、感情がストレートに伝わって来てよい。⑨も、哀愁に満ちた曲で、ニールの声質と相まって、聴いていると本当に切ない気持ちになる。

だが、このアルバムの中で一番の聴き物は、④インカ・クイーンだろう。南アメリカのペルー高原あたりに君臨したインカ帝国の女王をモチーフにした曲で、歌詞の内容はよくわからんが(^^;)非常に面白い魅力を持った大作だ。イントロや間奏のアコギは時に繊細に、時に骨太な旋律を奏で、あたかも古代の楽器のような印象を与える。鳥の声のようなイフェクトも加わり、いやが上にもエキゾチックな雰囲気を醸し出す。

この曲がニール・ヤングらしいのか、らしからぬのかわからない。でも一度は聴く価値のある名曲だと思いますよ。
[PR]
by oldblues | 2005-01-26 22:14 | Old Rock