大好きな音楽の話をしたいな


by oldblues
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

シェイプス&パターンズ


b0008880_223212100.jpg音楽の好みはかなり幅広いと自負している。ジャンルやカテゴリーなどに拘らず、自分の基準で「良い=好き」と判断すれば、どんな曲でも受け容れている。
しかし、あまりにもお洒落な雰囲気のものは自分に似合わないという先入観があり(ダサい人間なのでコンプレックスがあるのかも)聞く以前に敬遠してしまって損をすることがある。スイング・アウト・シスターの場合がそうだった。

作品もたくさん発表しているし、そこそこメジャーな存在でもあるから、当然名前だけは知っていた。でもレコード店で見かけるジャケットには、いつもお洒落でカッコいい男女の写真が載っていて、「自分の世界とは違う」という雰囲気を感じていた。
しかしある日、ふとした気まぐれから彼らの「シェイプス・&・パターンズ」を聴き、ああどうしてもっと早く聴かなかったのだろうと、ひどく後悔する事となったのだ(笑)

①「サムホエア・イン・ザ・ワールド」から既に「あ、これ好きだ」と思った。ジャケット写真で見たお洒落でカッコいい美女(コリーン)は、歌声も伸びやかでとても美しい。②「ヒアー・アンド・ナウ」の、お風呂の中で歌っているようなモワっとしたぶ厚いサウンドも良い。懐かしくて新しい感覚。あーーー、いいなあ。⑫「アイシィ・コールド・アズ・ウィンター」は少し印象が違う。聴いているとまるで日本のわらべ歌をモチーフにしているような感じがする。アルバムを通して聴いてみて、最初最も印象に残ったのがこの曲だ。

その他、③「ウィ・クッド・メイク・イット・ハップン」⑪「あなたにいてほしい」など、このアルバムに収録されている全13曲の中に駄作は無い。ロックやジャズやラテンや、その他いろいろなジャンルの音楽を包含し、その全てをスイング・アウト・シスター流に料理して上質なポップスに仕立て上げているのは見事だ。

このアルバムでスイング・アウト・シスターの魅力に触れ、その後、遅ればせながら彼らの他の作品もじょじょに聴いて行った。しかし個人的な好みからすると、やはり「シェイプス・&・パターンズ」が最も素晴らしいと思える。偶然ながら最初にこれを聴いたのは幸運だった。今となって僕はそう考えるのである。
[PR]
by oldblues | 2005-02-12 22:36 | Pops