大好きな音楽の話をしたいな


by oldblues
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

With A Little Help From My Friends


b0008880_2204991.jpg映画「ウッドストック」で、僕にとって一番印象に残るパフォーマンスを展開したのはジョー・コッカーだった。そこには、ジェニファー・ウォーンズとのデュエット「愛と青春の旅立ち」以降のジョー・コッカーしか知らない人にとっては、想像も出来ないくらいバリバリにパワフルなジョーがいる。

ジョー・コッカーの名前を僕が知ったのは「ウィズ・ジョー・コッカー」という記録映画のレビューを読んだのが初めだった。これは、マッド・ドッグス&イングリッシュ・メンと共にジョー・コッカーが行ったツァーの模様を編集したもので、何故だかわからないが漫画家の藤子不二雄氏が絶賛していた記事を読んだのだ。

それによると「ジョー・コッカーは見えないギターを弾きながら歌う」と表現されていて、文章だけではなんのことかわからなかったが、ウッドストックを観る事によって、ジョーの素晴らしさがはっきりと理解できた。そして当然ながら、彼の大ファンになったわけだ

主に酒が原因で身を持ち崩し、一時シーンからは引退状態になっていた彼だが、奇蹟とも言えるカム・バックを果し、現在に至るまで活躍している。しかし、カム・バック以降の彼は年輪による渋さは加わったものの、悪く言えば高い声が出なくなったのをテクニックでうまくごまかしているような気もする。それはそれである種の味を感じさせてくれるのだが、やはりパワー全開の歌を聞きたいなら初期の作品を押えておくべきだろう。推薦はこのアルバムと2枚組みのライブ――これだけは是非聴いてもらいたい。

さて、アルバムのタイトル曲は、ご承知のようにビートルズのあの名曲だ。しかし、どちらかというとほのぼとした感じのオリジナルとは全く異なり、おそろしくソウルフルなナンバーに仕上がっている。

この曲を聴くと直ぐに、あのウッドストックでのパフォーマンスが目に浮かぶ。
「見えないギターを弾く」空間をかきむしるような独特のジェスチャー。髪を振り乱し汗を撒き散らしてシャウトする力強い歌声。
これくらい歌える人って、ロック界広しと言えどもザラには居ませんよ~

収録曲
①Feeling Alright②Bye Bye Blackbird③Change in Louise④Marjorine⑤Just Like A Woman⑥Do I Still Figure In Your Life?⑦Sandpaper Cadillac⑧Don't Let Me Be ⑨Misunderstood⑩With A Little Help From My Friends⑪I Shall Be Released
[PR]
by oldblues | 2005-02-27 02:25 | Old Rock