大好きな音楽の話をしたいな


by oldblues
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

よろしく哀愁~ジャニーズ系3大正しい青春歌謡~

b0008880_2130546.jpg郷ひろみは好きな歌手だ。好きな曲もたくさんあるが、特に気に入ってるのが「よろしく哀愁」である。
この曲の作詞は安井かずみ。作曲は筒美京平という強力コンビで、74年に発表された。

もっと素直に僕の
愛を信じて欲しい

という冒頭部分みたいに、僕は半音階ずつ(全てではないが)上がったり下がったりするメロディが好きだ。おまけに詩が切ない。この部分を聴くだけでコロっと参ってしまうのだ。

これは、同じジャニーズ系の後輩、田原俊彦の歌う「グッドラックLOVE」(81年)の

心変わりじゃないね
ひとり見つめるさよなら

という歌い出し部にも共通する。好みと言ってしまえばそれまでだが、このスケールのようなメロディが、詩の切なさに拍車をかけているような気がする。
が、しかし、こんなふうに感じるのは僕だけのことかもしれない。

この2曲の共通点は、歌い出しのスケールのようなメロディだけでは無く、詩の内容にもある。なんと言うか、若い男子特有の透明な哀しみ、青春期だけにある純粋な懊悩。そういったものが感じられるのだ。

そしてその系譜は、KinKi Kids「硝子の少年」に正しく受け継がれている。

雨が踊るバス・ストップ
君は誰かに抱かれ
立ちすくむぼくのこと見ない振りした

「よろしく哀愁」「グッドラックLOVE」「硝子の少年」、僕はこの3曲を、『ジャニーズ系3大正しい青春歌謡』と勝手に位置付けているのだが、さてどうだろう?
[PR]
by oldblues | 2005-03-12 21:33 | Various