大好きな音楽の話をしたいな


by oldblues
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

青い影

b0008880_18383.jpg名曲中の名曲で、ロック・ミュージックいやポピュラー・ミュージックのスタンダード、そして今やエバー・グリーンと言っても過言では無い。そんな僕の大好きなこの曲のことを書こうと思ったら、プロコルハルムについて驚くほど何も知らない事に気がついた。ちょっと愕然。

洋楽を聞き始めたころにこの曲を知り、その後今に至るまでずっと音楽を聴き続ける原動力のきっかけとなった一つが「青い影」だ。この曲聴きたさにアルバムを購入したので、プロコルハルムの他の曲だって1度は聴いているはずなのに、白状するとどんな曲が有ったのか全く思い出せない。お恥ずかしい。
ま、それほどに「青い影」が傑出した名曲だということなのだろう(とごまかす)

「青い影」が語られる時に必ず出るのが、「バッハのカンタータをモチーフとしている」という話題だが、そういえば考えてみるとこれだって一度も聴いた事がない。メンバーの一人にロビン・トロワーがいた事も知らなかった。
しかし、僕にそういった知識が有ろうが無かろうが、この曲が永遠の名曲である事に変わりは無い。
重厚で印象的なオルガンのサウンド。ソウルフルなヴォーカル。美しい旋律。全てが名曲の要素を満たしているのだ。

どんな名曲でも飽きてしまう事がある。僕の場合、例えば「イエスタデイ」や「ホテル・カリフォルニア」など、あまりに何度も聴き過ぎたので、今となってはそう頻繁に聴きたくなる事はない。
しかしこの曲は違うのだ。いつ、どんなシチュエーションで聴いても「いいなあ」と心から思える。人によって違うけど、誰にでもそういう曲ってあるんじゃないかな?

僕にとって、何度聴いても新鮮で飽きない曲。その代表選手が「青い影」なのである。
[PR]
by oldblues | 2005-04-18 01:11 | Old Rock