大好きな音楽の話をしたいな


by oldblues
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

HEADQUARTERS

b0008880_1385160.jpg親戚のお姉さんがモンキーズを教えてくれた。僕は子供だったし、音楽、ましてや洋楽になど興味が無かったが、それでも彼らが出演するTV番組は充分に面白いものだった。

ザ・モンキーズはビートルズの人気に対抗し、アメリカでオーディションを行って結成された4人組だ。当時の宣伝文句に「ビートルズに対するアメリカの答えがこれだ!」というのが有った。また、必ずこのプロジェクトを成功させるという意思の元、実現はしなかったが、プロデューサーにレオン・ラッセルを予定したり、コンポーザーとしてキャロル・キングを起用したり、まさに「ショービジネスの本場アメリカの威信にかけて」という意気込みが感じられる。というか、単に商売上の理由のみだったのかもしれないが。

メンバーは女子に一番人気の、アイドル的存在だったディヴィ・ジョーンズ、幼いころから子役で「サーカス・キッド」などに出演していたミッキー・ドレンツ、ひょうひょうとしたキャラクターで、マルチ・プレイヤーのピーター・トーク、ちょっと大人っぽい感じで、後にファースト・ナショナル・バンドを結成する事になるマイケル・ネスミスだ。

このオーディションに応募した中には、スティーブン・スティルスやヴァン・ダイク・パークスもいたという。仮に彼らが選ばれていたとしたら、それがいいか悪いかは別として、モンキーズは全く別のバンドになっていたことだろう。

しかし、これは後年得た知識。当時はそんな事は知らない。毎週30分間の、夢有り笑い有りアクション有りのドラマの中で、モンキーズがストーリーに関係無く、唐突に歌い出す演奏シーンに面喰らいながらも、洋楽に全く関心の無い少年は、じょじょにではあるが、彼等の音楽に魅力を感じるようになっていったのだ。

その結成の経緯や、当初メンバーの演奏力があまり無かった事などから、モンキーズは批判の対象とされる事が多い。人気だけのアイドル・グループに過ぎないというわけだ。しかし彼等の残した何枚かのアルバムを聴いてみると、その楽曲の質の高さに驚かされる。どれを取ってもシングル・ヒットが期待出来るような曲がずらっと並んでいる。革新性や音楽性などではビートルズに敵わないにしろ、上質なポップ・バンドとしての彼らは、ポピュラー音楽史に大きな足跡を残す存在として、一定の評価と敬意を払われるべきであると思う。

いつしかモンキーズのファンになり、ヒット曲のメロディもいくつか覚えた頃、僕は彼等のアルバムを買おうと思いたった。と言っても小遣いの乏しい少年時代のこと、たった1枚のレコードを買うのにも非常な決心が要る。どのアルバムを買おうかと悩みに悩んだ結果「HEADQUARTERS」に決めた。

実はこの時に対抗馬があって、本当は「ゴールデン・ベスト」が欲しかったのだ。しかし当時の記憶を辿ると、「HEADQUARTERS」は14曲入りで1780円。「ベスト」の方は12曲入りで1980円であり、曲あたりの単価を計算すると前者の方がコスト・パフォーマンスが高い。とまあそういう理由から「HEADQUARTERS」購入を決定したのである。

懐かしいモンキーズに付いて書いているとつい入れ込んでしまい、前置きがずいぶん長くなってしまった。上に書いたようにこのアルバムに収録されているのは14曲(CDになって再発されたものは20曲入り)そのラインナップは

①You Told Me②I'll Spend My Life With You③Forget That Girl④Band 6⑤You Just May Be The One⑥Shades Of Gray⑦I Can't Get Her Off My Mind⑧For Pete's Sake⑨Mr. Webster⑩Sunny Girlfriend⑪Zilch⑫No Time⑬.Early Morning Blues And Greens⑭Randy Scouse Git

デビュー・アルバムなどに比べるとかなり実験的な作品も収められ、アイドルとしてだけではなく、ミュージシャンとしての存在もアピールしたいという、彼らの意思が表れているような気がする。大ヒット曲は無いが佳曲が多い。最大の聴きものは⑥Shades Of Gray(邦題 灰色の影)だろう。バックにはホルンや弦楽器なども起用され、スケールの大きい楽曲に仕上がっている。他にもピーターのオリジナルである①や、②③⑦⑬などもお勧め

このアルバムは僕が初めて買った洋楽のレコードということもあり、かなりの思い入れがある。当然冷静で客観的な評価は出来ないが、そういう部分を差し引いても良いアルバムだと言う事が出来る。

しかし若い人などで初めてモンキーズを聴くんだったら、やっぱしベスト盤を勧めるなあ(笑)
[PR]
by oldblues | 2005-04-24 01:47 | Pops