大好きな音楽の話をしたいな


by oldblues
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

Bloom

b0008880_21143299.jpg「Bloom」はエリック・ジョンソンの新作で先月リリースされたばかり。スタジオ録音としては「Souvenir」を除くと「ヴィーナス・アイル」以来という事になるので、実に9年ぶりだ。もっとも「ヴィーナス・アイル」自体が前作から9年ぶりの発売だったので、この人はかなり寡作なアーティストだと言える。力もキャリアもあるんだから、もう少したくさんの作品を発表して欲しいものだと思うが、それだけ作品を丁寧に練り上げているということなのだろう。

アルバムを通して聴いてみると、ノリの良いロック・ナンバーからカントリー&ウエスタン、果ては民俗音楽まで、非常に幅広い音楽を採り入れているのがわかる。強いて言えば、前作よりもジャズっぽい演奏が増えているようだが、そのどれもがうまく消化され、聴く者に違和感を起こさせないのはさすがである。

独特の音色で奏でられるリリシズム溢れる演奏も健在で、どの曲も安心して聴いていられる。しかしこの人の作品は、激しいのも静かなのも、インストも歌入りも、どんな曲も爽やかで透明感があるのは何故だろうな?

1.Bloom
2.Summer Jam
3.My Back Pages
4.Good To Me
5.Columbia
6.12 To 12 Vibe
7.Sea Secret
8.Sad Legacy
9.From My Heart
10.Cruise The Nile
11.Tribute To Jerry Reed
12.Your Sweet Eyes
13.Hesitant
14.Sunnaround You
15.Magnetized
16.Ciel

現段階で僕としてのお気に入りは8.9.12.13などだ。購入して日が浅いので、まだそれほど何度も聴いてはいない。今後聴き込んで行くうちに、自分自身の感覚がどのように変化して行くのか楽しみだ。つまり「何度も聴こう」という気持ちを起こさせるだけのアルバムなのである。
[PR]
by oldblues | 2005-07-24 21:13 | Rock