大好きな音楽の話をしたいな


by oldblues
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

Heart & Soul

b0008880_2052236.jpg2005年の2月に発売された、現時点で最も新しいジョー・コッカーのアルバムだ。さすがに往年の迫力は無いが歌唱力は健在。汗の飛び散るような強烈なシャウトではなく、枯れた味わいがある。

曲目は

1.One
2.I (Who Have Nothing)
3.What's Going On
4.Chain Of Fools
5.Maybe I'm Amazed
6.I Keep Forgetting
7.I Put A Spell On You
8.Every Kind Of People
9.Love Don't Live Here Anymore
10.Don't Let Me Be Lonely
11.Jealous Guy
12.Everybody Hurts
13.One – Live

と、レノン、マッカートニーのものを始め、お馴染みの曲が並んでいる。尚、13)はUSリリースのボーナス・トラックだ。

こういうカバー曲というのはどうしてもオリジナルと比較したくなり、当然原曲とはイメージが違うので不当に低く評価されたりするというリスクがある。だがこのアルバムについては、そんな心配は杞憂のようだ。

また、ゲスト・ミュージシャンとして、エリック・クラプトン、スティーブ・ルカサー、ジェフ・バクスター、ジェフ・ベックなど、豪華なメンツが参加しているのも話題を呼ぶところだろう。

個人的には11)なんかが面白かったなあ。
[PR]
by oldblues | 2005-09-25 20:05 | Rock