大好きな音楽の話をしたいな


by oldblues
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

トロピカル ダンディー

b0008880_0301592.jpg「元はっぴいえんど」とか「元YMO」などと言わなくても、今や日本を代表するミュージシャンの一人として、評価が定まっている細野晴臣氏のソロ・アルバム。細野さんも最近は偉くなってしまったような感じで、やってる音楽もなんだか小難しくなってる気がしてしまうのだが、この当時のアルバムなら文句無く楽しめるはずだ。

「トロピカル・ダンディー」は、「泰安洋行」「はらいそ」と合わせて、いわゆるトロピカル3部作と称される作品群のひとつだが、僕はその中ではこれが一番好きだ。もちろん他の2枚がダメというわけではない。特に「はらいそ」収録の「ファム・ファタール~ 妖婦」などは大の気に入り曲であるほどだ。しかしながらアルバムごとの楽曲を比較した場合、僕にとってはこの「トロピカル・ダンディー」が最もしっくりくるのだから仕方がない。完成度は「はらいそ」に軍配が揚がるように思えるのだが。ま、好き嫌いなんて多分に個人的主観によるものですからね。

① CHATTANOOGA CHOO CHOO
② HURRICANE DOROTHY
③ 絹街道
④ 熱帯夜
⑤ 北京DUCK
⑥ 漂流記
⑦ HONEY MOON
⑧ 三時の子守唄
⑨ 三時の子守唄(インストゥルメンタル)
⑩ 漂流記

このラインナップの中で、好きなのは②①⑦④⑧の順だろうか。②HURRICANE DOROTHYは、先に書いた「ファム・ファタール」と並び、僕のフェイバリット。①はご存知グレン・ミラー楽団の曲である。他の楽曲も異国情緒に溢れ、当時流行していたトロピカル・ブームの頂点を極めるような出来栄え。さすが才人細野さんの面目躍如といったところであろう。
[PR]
by oldblues | 2006-05-21 00:31 | 70's Rock&Folk(J)