大好きな音楽の話をしたいな


by oldblues
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

見知らぬ街

b0008880_22423070.jpg本国ではかなりの人気があり、キャリアも長いし質の高い作品も発表し続けている。それなのになぜか日本ではイマイチ知名度が低い。そんなアーティストはたくさんいるけど、ボブ・シーガーなどは、まさにその代表選手のような感じだ。

かくいう僕も大きなことは言えない。たまたま手に入れたこのアルバムで彼を知っただけで、その他の作品はそれほど聴いたことがないのだから。
それにしても邦題で「見知らぬ街」と名づけられたこのアルバムは素晴らしい。ボブ・シーガーを聴いたことのない人も、是非これだけは、いやロック・ミュージックに関心があるなら絶対に聴くべきだとお勧めしたい。

シンプルで骨太なロックン・ロール。彼のやっている音楽を一言で表現するならそうなるだろう。Bob Seger & The Silver Bullet Band名義で発表されたこのアルバムには、そんな彼の魅力が凝縮されている。ワイルドでスピード感溢れるロックン・ロール。タイトでファンキーなミディアム・ナンバー。それから美しいバラードまで、珠玉のような楽曲が9曲収められているのだが、そのどれをとっても素晴らしい出来栄えで、そういう意味でも内容の濃い作品集となっている。

もうひとつ忘れてはならないのが彼の声の良さである。と言っても美声とは程遠いしゃがれ声なのだが、この声でバラードを歌われたりすると、美しい曲がさらに哀切さを増し、それが甘すぎず、いい具合に枯れて、まさに「ほど良い感じ」になるのだ。

① Hollywood Nights
② Still The Same
③ Old Time Rock & Roll
④ Till It Shines
⑤ Feel Like A Number
⑥ Ain't Got No Money
⑦ We've Got Tonite
⑧ Brave Strangers
⑨ The Famous Final Scene

楽曲は全てがお勧めで捨て曲は無い。なので曲の優劣はつけられないのだが、その中でも敢えて僕のフェイバリットを挙げるとしたら④ Till It Shines。

いや~渋いです。
[PR]
by oldblues | 2006-07-16 22:39 | Old Rock