大好きな音楽の話をしたいな


by oldblues
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

Today

b0008880_22375523.jpg「Innocense Mission」というグループ名がすべてを語っていると言えるかもしれない。
少女のように天真爛漫で無垢なKarenのヴォーカル、アコースティックギター中心の美しいサウンド。童謡にも似た親しみやすいメロディを持った数々の楽曲は、シンプルでありながら心に残る不思議な魅力を持っていて、まさに「珠玉」と呼ぶに相応しい。

Innocense MissionはKarenとDonのPeris夫妻、それにMikeとSteveの4人からなるユニットだ。グループの活動歴は意外に長く、実に十数枚ものアルバムを発表している。しかしながら、あのジョニ・ミッチェルに「最も興味のあるソングライター」と発言させるほど素敵な音楽をやっているにもかかわらず、日本ではあまりにも知名度が低いようだ。

かくいう僕も、彼らのことを知ったのはわりと最近で、偶然ネット上で公開されている曲を聴いたのがきっかけになった。そして、そのきっかけになったのが表題の「Today」という曲なのである。僕にはこの曲が、先に書いたような彼らのピュアな音楽の魅力を、最も色濃く体現していると思える。1度聴いただけでKarenの歌の虜になり、彼らのことを大好きになった。もっとも他にも魅力的な曲はたくさんあるので、たまたま「Today」が僕のツボにはまったというだけのことかもしれない。

少し前から世間ではヒーリング・ミュージックという分野の音楽がもてはやされ、「癒し系」などという、品の無い名称で分類されている。しかし、真に心を癒してくれる音楽は、それほど多くはありはしない。もしあなたが、凡百の「癒し系」に辟易としているならば、是非このバンドの音楽を聴くといい。決して期待を裏切られることはないはずだ。

The Innocense Mission公式サイトこちらで試聴が出来ます
[PR]
by oldblues | 2006-11-19 22:47 | Pops