大好きな音楽の話をしたいな


by oldblues
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

Southern Star

b0008880_0334370.jpg1985年8月17日、テキサスはヒューストンでのライブを収録したブートレグ。ほとんどの音源はラジオ放送のために録音されたものらしい。ヴォリューム・レベルが曲によって違ったり、音質の悪い部分があったりするが、それはまあご愛嬌というところだろう。

Disc 1:
1. Ride Across the River
2. Expresso Love
3. One World
4. Romeo and Juliet
5. Private Investigations
6. Sultans of Swing
7. Why Worry
8. Walk of Life
9. Two Young Lovers

Disc 2:
1. Money for Nothing
2. Wild West End
3. Tunnel of Love
4. Brothers in Arms
5. Solid Rock
6. Going Home (Local Hero)

フルートの音に民族音楽を思わせるようなイントロが1分ほど続いた後、満を持したかのようにマーク・ノップラーのギターが入ってくる、ミディアムテンポの重々しいナンバー「Ride Across the River」でアルバムは幕を開ける。そこから、最後の「Going Home (Local Hero)」まで、全15曲が一気呵成の勢いで続いていく。演奏時間がやたらと長い曲もあって、正直いささか冗長に感じる部分がないでもない。しかし、それは僕がその場にいなかった故の感想であろう。演奏は力の入った素晴らしいものだし、聴衆の熱狂振りからもそれは伝わってくる。

思うに、アルバムとして完成された、作品としての音楽を聴くのと、ライブの会場にいて音楽を聴くという行為では、本質的に何かが違うような気がしてならない。ライブの場合は聞こえてくる音以外にも、演奏者の動作や表情、会場の雰囲気など、記憶媒体には記録できないような要素を全て含めないと、そのライブの良し悪しを判断するのが困難だからだ。しかしこのアルバムを聴く限り、そんな理屈をグダグダと並べるのは愚かしいことだと思える。熱のこもった演奏を楽しめばそれでいいのだ。

最近のソロアルバムではストイックな感じすらするほどに、あまりギター・ソロを聴かせてくれないマークだが、さすがにこのライブではケレンのない流麗なフレーズを弾きまくってくれる。ダイアー・ストレイツのファンなら必ずマーク・ノップラーのギターのファンでもあるに違いない。そして、そんな人にも必ず満足を与えてくれるのが、この「Southern Star」というアルバムなのだ。

マーク・ノップラーは「渋い」と評されることが多い音楽家だ。それは彼の歌い方や声質からイメージされているのだろう。しかし考えてみれば、彼ほど美しい音色で、ドラマチックなフレーズを紡ぎだすギタリストは、そうザラにはいない。「渋い」どころか最高に華麗なギタリストと言えるのではないだろうか。もっとも「渋い」という言葉を「Cool」という意味で使っているのだとしたら、それはそれで正しいのだろうけれど。
[PR]
by oldblues | 2008-04-06 00:37 | Rock