大好きな音楽の話をしたいな


by oldblues
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

I'll Play the Blues for You

b0008880_23493025.jpgアルバート・キング72年の作品。重厚なホーン、効果的なオルガン、着実にサポートするリズム隊に支えられ、ブルース・フィーリング溢れる歌とギターが炸裂する。なんてカッコ良くて粋なサウンドなんだろう。全ての音楽ファンは必ずこのアルバムを聴くべきだ。

キングのギターは決して音数が多くない。フレーズが多彩というわけではない。それでも、聴く者にこれだけの感動を与えるのはなぜだろう。ブルースの3大キングと賞賛され、亡くなった後も数々のギタリストたちに影響を与え続けているのは伊達ではない。そう納得させられる作品。紛れもない名盤だ。

タイトル曲の「I'll Play the Blues for You」は彼の代表作の一つともなっており、アルバム中では最も好きな楽曲だ。泥臭い音楽と言われているブルースも、彼の手にかかるとこんなにも知的で洗練されたものになるという良い見本である。

1. I'll Play the Blues for You
2. Little Brother
3. Breaking up Somebody's Home
4. High Cost of Loving
5. I'll Be Doggone
6. Answer to the Laundromat Blues
7. Don't Burn Down the Bridge
8. Angel of Mercy
[PR]
by oldblues | 2008-04-26 23:50 | Blues