大好きな音楽の話をしたいな


by oldblues
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

幸運な邂逅


b0008880_218473.jpg
めっきり秋めいてきた。朝晩はかなり冷え込むようになってきたし、そろそろあちこちで紅葉のシーズンが始まるだろう。
僕は秋が大好きで、秋が来るとなんだかわくわくしてしまう。もちろん夏が嫌いなわけじゃないし、他の季節だってみんなそれなりの良さがある。しかし、街を歩いているとどこからかキンモクセイの香りが漂い、今年初めてのセーターを着ようかなという時期になると、なんだか気持ちも引きしまってくるし、さあ音楽を聴くぞという気分になるじゃないですか(笑)

そこで、僕の「秋になると聴きたい曲」であるが、それはテンポズというグループの「シー・ユー・イン・セプテンバー」である。先ずタイトルに「9月」という単語が入っているのが、既に秋という季節を感じさせる。ま、そのまんまですけどね(^^;)

初めて聴いたのに、なぜかずっと前から知っていたような、理由はないけどなんだかすごく懐かしい・・・そんな曲が有る。僕の場合はまさにそれがこの曲なのだ。

ずいぶん前に「アメリカン・グラフィティ」という映画を観て(内容は割愛するが)BGMで使われていたオールディーズが気に入り、2枚組みのレコードを購入した。実は「シー・ユー・イン・セプテンバー」はそのサントラ盤に収録されていたのである。
恥ずかしながらそれまで僕は、テンポズというグループも「シー・ユー・イン・セプテンバー」という曲の存在も全く知らなかった。しかし、先に触れたように、この曲を聴いた瞬間、なんだかとても懐かしく切ない気持ちにさせられたのだ。
これは僕にとって、とても幸福な出会いだと言えるだろう。だって、こんなに甘く切なく懐かしい気分を味わう事が出来る音楽に巡り合えたんだから。

長く音楽を聴いていると、こういう「幸運な邂逅」としか言いようのない経験をする事がある。だから、そういう意味でも音楽聴くのは止められないんだよね(^o^)丿
[PR]
by oldblues | 2004-11-07 21:10 | Various