大好きな音楽の話をしたいな


by oldblues
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

Momofuku

b0008880_22275181.jpg1. No Hiding Place
2. American Gangster Time
3. Turpentine
4. Harry Worth
5. Drum And Bone
6. Flutter And Wow
7. Stella Hurt
8. Mr. Feathers
9. My Three Sons
10. Song With Rose
11. Pardon Me Madam, My Name Is Eve
12. Go Away

エルビス・コステロの新作。バンド名義としては約4年ぶりということになる。趣味性の高いアルバムをいくつか発表していて、それはそれで悪くないのだが、僕のようなファンからすると、ちょっと違うんだよなあという気がしていた。しかし本作はいわゆるコステロらしいコステロが帰ってきたという感じで、そういう意味では安心して聴くことができる。

ところでアルバム・タイトルの「Momofuku」だが、これは日清食品の創業者でカップヌードルの開発者、安藤百福氏の名前から採ったということだ。それではなぜコステロがカップヌードルか。実はこれにはいろいろな説があるらしい。
他のミュージシャンのプロデュースをしながら、並行して自分のアルバムのための曲を書き溜めていたところ、どんどん着想が沸いてきてほとんど完成形というところまで出来上がってしまった。後はお湯を注げば出来上がり・・・というわけで、アルバム・タイトルを「Momofuku」に決めた。
こんなエピソードをラジオ番組で聞いたが、そのあたりが真実に近いのかなと思う。まあ、こういうのは諸説紛々とした方が面白いかもしれない。

聴いて直ぐに気に入ったのは「4. Harry Worth」。その他はあまり印象に残らなかったので、今回は魅力的な楽曲が少ないのかと最初は思った。しかし「噛めば噛むほど味が出る」というのがコステロの身上である。何度も聴くうちに、どんどん好きな曲が増えてくるのだ。

ポップなセンスに溢れた、しかしどこか屈折したほろ苦い大人のロック。やっぱシブいな、この人。
[PR]
by oldblues | 2008-07-05 22:31 | Rock