大好きな音楽の話をしたいな


by oldblues
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2004年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

b0008880_22165361.jpg
ムーンライダーズといえばマニアックなファンが多い事で有名なバンドである。僕はそれほど熱心なファンというわけではないのだが、まあそれなりにはこの人たちの音楽を聴いてきた。はちみつぱいのアルバムも持ってるしね。

だけど、彼等の音楽を聴いて、ああムーンライダーズっていいなあと、はっきり自覚したのは「最後の晩餐」だというのだから、これはちょっと気づくのが遅いわなあ(苦笑)

この「最後の晩餐」というのは、一時期活動を休止していた彼らが満を持して発表したアルバムで、それが91年のことである。収録されている曲はどれもすばらしいものだが、最初に聴いて印象に残った数曲の内の一つが、表題にした「涙は悲しさだけで出来てるんじゃない」だ。何がいいって、先ずは詩がいい。

これは他の曲にも言える事なんだけど、このアルバム中の作品の詩は、人生を長く生きてきた彼らならではと言うべきか、内容がシビアで非常に深い。サウンドの心地良さから、ともすれば聞き流してしまいそうになるが、日常性の中に潜んだ不条理や孤独などを、シニカルな表現で描き出している。大人のロックファンなら必聴だと言えるだろう

もう一つ触れておきたいのがアレンジの素晴らしさ。こういう事を書くと、ファンの方からお叱りを受けそうだが、僕は彼らの曲のメロディについて、さほど優れているとは思っていない。それを魅力的に聴かせるというのがアレンジの力なのではないかと思う。そういう意味で、僕にとっては、アレンジの重要性を再認識させてくれたアルバムでもあるのだ
[PR]
by oldblues | 2004-10-23 22:13 | J-POP

君が思い出になる前に


忘れるはずなんてないよね
僕らが知り合ってから、もうずいぶんになる
人生の何分の1かを一緒に生きてきたんだもの
忘れようとしても無理なんだ
b0008880_2044945.jpg

もしかしてこれから先
永遠に会えないとしても
きっと君の事は忘れない
ずっとずっと憶えているよ
笑いあって過ごしてきた時間
いつまでも憶えてる


年をとって息を引き取ろうとする時
薄れていく意識の中でこう考える
僕は今、ベッドの上で死を迎えようとしてるんじゃなくて
いつものように君と一緒に過ごしているんだ
時間がゆったりと流れる空間の中で
ただ黙って君の声を聞いているだけなんだ


そうだ。きっとこれは夢なんだ
これはみんな夢なんだ・・・
[PR]
by oldblues | 2004-10-19 20:06 | J-POP

サンセットギャング

b0008880_2152692.jpg夕暮れの爽やかな風に吹かれ、ビールを飲みながらレイジーなブルースを聞きたい。そんな時に最適なのがこのアルバムだ。

久保田麻琴という人はなかなかの才人で、世界各地の音楽をごった煮的に料理して聞かせてくれる。それぞれに好みはあるところだが、僕が一番好きなのは、「久保田麻琴と夕焼け楽団」名義でリリースされた、この1枚目の作品である。

第一にジャケット写真のゴジラに惹かれた。「サンセットギャング」というアルバムタイトルにも惹かれた。バンド名の「夕焼け楽団」もいいじゃないの。
・・・というわけで、中身も知らずに即買いしたわけだけど、家に帰ってレコードをターンテーブルに乗せたら大満足!

一般に、アルバムタイトルやジャケットのデザインがいいものは、中身の音楽も相応の水準を期待してもいいのだと思っている。つまり、センスが共通しているのではないかという認識に立てば、見た目がよければ音楽もそこそこ良いのではないかと思えるのだ。
もちろん中には例外もあるし、自分のセンスがおかしい場合だってあるから、あまりこの方法を全面的にはお勧め出来ない。しかしこのアルバムに関しては、まさに自分の選球眼の良さを誇りたい気持ちになった。要はそれだけすぐれたアルバムだということですね。

夕焼けを見ながらちょっとセンチな気持ちになって、ビールを飲みながらレイジーなブルースを聞きたいなら・・・おっと、これは重複でした。
[PR]
by oldblues | 2004-10-16 21:56 | 70's Rock&Folk(J)

ガソリン・アレイ

b0008880_21372775.gif
何もかもがうまくいかなくてさ 毎日毎日が
これじゃおいらが生きてることさえ
無駄な気がしてきた


b0008880_21403554.jpg




帰ろう おいらが生まれた
あのガソリン・アレイへ
帰ろう 細い路地の
あのガソリンアレイへ


誰にでもやりきれない夜がある。自らの愚かさを呪いつつ、出来たら自分で穴を掘って、その中に飛び込んでしまいたいような時がある。そんな時僕らは自分の気持ちをごまかしたり、自分よりももっと不幸な境遇の人を見て、ヤツよりはマシだと自分を慰める。

でもそれができる人はまだいい。真面目で責任感の強い人ほど、逃げる事が出来ずに自分を責め続け、挙句の果てには精神に変調をきたしたり、極端な場合は自ら死を選んでしまう場合すらあるのだ。
そう考えれば、逃避する事はあながち悪い事では無い。もっとも直ぐに逃げてばかりいたら、それはそれで問題あるけれど。

だから「夢やぶれて故郷へ帰る」なんていうのも、多いにアリなのだ。逃げちゃいけない、負けちゃいけないと頑張るのは立派なことだけど、やっぱり人間「限界」というものがあるからね。

冒頭の詩は、ロッド・スチュワートの「ガソリン・アレイ」を浅川マキが訳して歌ったもの。後年、真島昌利もほとんどこの訳詩のままでカバーしている。
ロッドのバージョンもいいけど浅川マキはもっと好き。彼女は一時ロッドに惚れてたらしく、他に「オールド・レインコート」もカバーしている。で、これがまたいいのだ。

しかし帰るべき故郷のある人はうらやましいな(苦笑)
[PR]
by oldblues | 2004-10-09 21:30 | 70's Rock&Folk(J)


b0008880_23163068.jpg
初めて買ったロックのレコードというのがこれなのだ。どうしてサンタナなのかという、とりたてての理由など無い。多分その頃この曲が流行っていて、深夜放送のラジオなんかで聞いた記憶があったからだろう。

それまではロックという音楽ジャンルを意識した事が無かった。「ロックン・ロール」という音楽はあっても、「ロック」という範疇の音楽が具体的にどういうものなのか、あまりわかっていなかったような気もする。でも、ちょっと前にはウッドスットックのコンサートなんかもあったりして、僕のような田舎の高校生にも、「今、ロックという音楽が面白そうだ」というような情報が伝わってくるほどには一般的になっていたんだろう。

サンタナは「ラテン・ロック」などと呼ばれていたりして、いわゆる8ビートのロックとは、少しノリが違う。考えてみればロック・ミュージックの王道とは違う路線のレコードを、なぜか最初に買ってしまったということだ。
しかし、結果としてこのチョイスは正解だったかもしれない。だってこの曲はキャッチーなメロディも泣きのギターも有って、かなりの名曲だからだ。

当時、町の小さなレコード店には、ロックのレコードなんてあまり在庫していなくて、偶然手にしたシングル盤のジャケットには、なんだかわけのわからない曼荼羅のようなイラストが印刷されていた。そしてそれが、いかにも「ロック」というわけのわからない音楽の持つ胡散臭さを表現しているようで、すごくステキだと思ったのだ。

ブラック・マジック・ウーマン…「哀愁のヨーロッパ」より、ずっとカッコいいぞ!
[PR]
by oldblues | 2004-10-06 23:15 | Old Rock


b0008880_0492515.jpg
「ロックはライブが最高だ」という説がある。それは正しいかもしれないが、「ロックはライブアルバムが最高だ」という説には反対だ。延々と冗漫なインプロヴィゼーションが続いたり、雑な演奏だったりで、音楽そのものを楽しむのであれば、スタジオ録音のものを聞いた方がいいという場合もある。
とはいうものの、観客の盛り上がりが伝わってきたり、その場所だからこそ生まれた、素晴らしく緊張感のある演奏に出会う事もあったりして、ライブにはライブの良さがあるというのも真実である。つまり、当たり前のことだけど、要は内容次第ということですね。

僕が今まで聞いてきた数あるライブアルバムの中で、絶対に期待を裏切らない1枚が、Jガイルズバンドの「FULL HOUSE」である。これは名演ぞろい!
小気味のいいロックンロールがずらっと並び、最初から最後まで一気に走り抜けるようなスピード感がある。

「ルックスなんて関係ないぜ。俺は金持ちの女が欲しいのさ」と歌う、ピーター・ウルフは、後年フェイ・ダナウェイと結婚した。金ばかりじゃなくて美貌も併せ持った女性を手に入れたわけだが、まあピーターもカッコ良いからね。
そして、このピーターとギターのJガイルズが観客を煽る煽る!まさに会場は興奮の坩堝状態になるのだ。しかしこのバンドは客を乗せるテクニックを本当によく知っている。こんなライブを見せられた日にゃ、そりゃ「ロックはライブが最高だ」と思うに決まっているのである。

P.Sマジック・ディックのハープが大活躍する
「ワマージャマー」は聞き物ですよ(^o^)丿
[PR]
by oldblues | 2004-10-02 00:48 | Old Rock