大好きな音楽の話をしたいな


by oldblues
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

<   2004年 11月 ( 10 )   > この月の画像一覧

SINGLES

b0008880_21385011.jpg
トッド・ラングレンの、シングルカットされた作品を、発売順に並べたという2枚組のCD。えーと、確か日本だけの企画物だったのでは?
彼の名前は知っていても、それまでちゃんと聴いたことが無かった僕は、実はこのアルバムで初めてトッドのファンになったのだ。いや~、面目ありません。
しかしトッドはいい曲作りますね。楽器も何でもこなすし、さすがに才人と呼ばれるだけの事はある。

シングルカットされていない楽曲にも名作はあるので、このアルバムはいわゆるベスト盤とはちょっと違う。だが、僕がそうだったように「トッド初心者」には最適かもしれない。何しろ2枚組で曲数も多いし、どれをとっても魅力的な作品ばかりだ。ポピュラーミュージックのファンなら、この中の数曲は必ず好きになるに決まっている。そして、トッドという音楽家に少なからざる興味を持ち、オリジナルのアルバムをどんどん聴いていくことになるに違いないのである。

綺羅星の如く並ぶ楽曲の中でどれかを選ぶとしたら、僕なら「ハロー・イッツ・ミー」だな。もちろん他にも好きな曲はたくさんあるけど、やはりこれが一番。何度聴いても飽きないし・・・あ、それとこの人の歌は上手い。超うまい。別のアルバムでソウル・バラードのメドレーを歌っているけど、これなんか最高だもんな。「天は二物を与えず」と言うけど、彼に限っては二物どころか三つも四つもの才能を与えられている。やはり神様というのは公平では無いようだ。

蛇足だけど、ジャケットのイラストは河村要助氏。なんだか実物よりも恐い顔になってしまっているけど、これはこれで雰囲気があっていいと思うのだ。
[PR]
by oldblues | 2004-11-30 21:41 | Pops

めんたんぴん

b0008880_1595746.jpgその昔、福井県の冬季はスキー場になるという場所で2日連続のコンサートが催された。朝から晩までライブをやって、夜はテントを張って泊まるという野外ライブだ。記憶が定かでは無いが、1日目のトリがダウン・タウン・ブギウギ・バンド。2日目が頭脳警察だったと思う。当時活躍している日本のロック・バンドがたくさん出演していて、僕はウエスト・ロード・ブルース・バンドと上田正樹&South to Southを目当てに出かけたのだった。
そして、そのライブで初めて出会ったのが「めんたんぴん」というふざけた名前をのロックン・ロール・バンドなのである。

バンドが登場し、リーダー格でヴォーカル担当の佐々木忠平が「後で一緒にロックン・ロール踊ろうさ」と方言でコメントした。そして始まった曲が「コンサート・ツァー」だ。乗りの良いロックン・ロール。そして決して上手とは言えないが、ロック・スピリッツ溢れる歌にいっぺんに惹き込まれた。「めんたんぴんって、名前だけは聞いた事が有ったけど、こんなに小気味の良い演奏をするバンドだったんだ。それに佐々木忠平って、ガッツのある歌を歌うな」・・・彼らの演奏を初めて聞き、僕はそう思った。当然、ライブの後は大ファンになっていた。

めんたんぴんは石川県は小松市出身のバンドだ。ツイン・ドラムにツイン・リード(いや、もしかしたらトリプル・リードだったかも?)を擁し、重厚でありながら乗りの良い演奏を身上としていた。演奏も確実なテクニックに裏打ちされて破綻が無く、要するに本物のロックをやっていたわけだ。
メンバーは全員グレイトフル・デッドのファンらしく、そのため「北陸のデッド」などとも呼ばれていた。今考えてもいいバンドだったなあ。

ちなみにこのブログのサイト名「Lost Romance Music Hall」は、彼らの曲から採ったものである。
[PR]
by oldblues | 2004-11-28 02:03 | 70's Rock&Folk(J)

Stripped

b0008880_2255298.jpgこれはストーンズ初めてのアコースティック・ライブ・アルバムだ。と言ってもフル・アコースティックではなく、オルガンも使ってるしセミ・アコも使ってる。なので、一部はちゃんとプラグ・インしているのである。

収録されている曲はほとんどが過去の名曲で、ストーンズファンなら一度は耳にした事の有るものばかりだ。それも大有名曲というよりも、ちょっと渋い「隠れた名曲」とでも言うべきラインナップであるのが嬉しい。こう書けば、もうこのアルバムの内容が悪いはずがないという事に気づくだろう。(笑)

特筆すべきなのは2曲目の「ライク・ア・ローリング・ストーン」。言うまでもなくボブ・ディランの名曲で、このアルバムの中で初めてカバーされた2曲の内のひとつだ。これが本当にカッコいい!タイトルからして、まさにストーンズのためにあるみたいな感じだし、演奏や出来上がりがとても自然。完全にストーンズのものになっていて、全く違和感がないのだ。

しかし個人的に好きな曲は、キース・リチャーズが歌う「スリッピング・アウェイ」

♪ただ消え去って行く 
夢に過ぎなかったようだ 
眠りに落ちるたびに
どこまでも流されていく気分

どうです?カッコいいでしょ?シブいでしょ?大人でしょ?
でも演奏の出来は・・・えーとタイトルを忘れてしまったんだけど、別のアルバムに収められているバージョンの方が上だな・・・と思います
[PR]
by oldblues | 2004-11-27 22:59

Stronger than pride

b0008880_2227258.jpg
Sadeはけっこう好きな歌手である。いや、「けっこう」ではなく、ものすごーく好きな歌手だと言った方がいい。お洒落で上品でセクシーで、最上級のポップ・ミュージックを聞かせてくれる。
で、Sadeは「ものすごーく好きな歌手」なので、全部ではないがアルバムもけっこう持っている(また「けっこう」が出ましたが)。何しろファンなので、どのアルバムも全部好きなのである。その中から、今回「Stronger than pride」を採りあげたのは、僕が彼女を知るきっかけになった作品だからだ。

もともとブルースやロックが好きだった僕は、お洒落な音楽というものをあまり聴いたことが無かった。Sadeのことも、一昔前に流行ったCafé Barなどというところでかかっている、お洒落ではあるが浅薄で胡散臭い音楽をやっている人だろうと決め付けていたのである。でも、ジャケット写真を見ると美人でセクシーだし、「まあ、たまにはこんなのを聴いてみようかな」という気まぐれから、借りて聴いてみることにした。そして、一度聴いただけで彼女の歌にノック・アウトされたのだ。

彼女のハスキーな声が好きだ。そして歌うときの息使いもいい。彼女の場合はセクシーと言っても決してべたべたしてないんだよね。品があるというか・・・んー、何もないぽっかりとした青空を見上げているような開放感がある。歌詞の内容はわりとヘヴィだが、悲壮感の無いところがいい。ちなみにタイトル曲は「Love is stronger than pride」なので、直訳すれば「愛はプライドよりも強い」でしょ。内容も、恋に生きる女の一途な気持ちを歌ったもので、これだけ書いているとなんか演歌の世界のように思えてくるけど、陰惨な感じがしないのだ。
Sadeの歌がメインなのは当然だが、バック・バンドもまたいい。エキゾチックな魅力に溢れた楽曲にピッタリはまったアレンジで、上質な演奏を提供している。彼らは、まさにSadeと一心同体というか、完全にシンクロしているといっても過言ではないだろう。

もしあなたが、まだSadeを知らないのなら、一度ここを訪ねてみるといい。曲の試聴もできるしムーヴィーも観られる。お洒落な彼女にふさわしいスタイリッシュなサイトだ。
[PR]
by oldblues | 2004-11-23 22:31 | Pops

小さな恋のメロディ

b0008880_2245963.jpg
それほど映画ファンというわけでもないので、いつもはヴィデオやDVDのレンタルでこと足れりとしている。そんな僕が3度も映画館に足を運んで観たというのが、この「小さな恋のメロディ」だ。大の大人がこんなことを言うのは照れくさいけど、白状すれば僕の一番好きな映画なのである。

有名な映画だから、内容については特に触れなくても、みんなよく知っていると思う。「初恋」をテーマにした青春映画の傑作とだけ言っておこう。そして、その映画の魅力を支えているのが、出演する子供たちのキャラクター。特にメロディ役のトレイシー・ハイドの愛らしさは特筆に価する。
誰にでもある、初恋に胸をときめかせた頃。この映画はそんな万人に共通する少年(少女)時代への郷愁や憧憬を、絶妙なタッチで描き出している。そんな点が時代を超えて受け容れられている要因ではないだろうか。

映画のBGMは、一部を除き、ほとんどビージーズの楽曲で占められている(インストを含む) 僕はビージーズファンじゃないけど、この映画に関して言えば、これほど適した楽曲を提供できるグループは、他に無いんじゃないかと思う。

タイトル曲の「メロディ・フェア」はいざ知らず、他の曲は以前に発表されていて、既におなじみの曲ばかりだ。しかし、この映画を通して聴くことにより、また新たな魅力を感じることができる。朝もやの街を俯瞰するオープニングで流れる「イン・ザ・モーニング」。メロディが水飲み場で金魚と遊ぶシーンの「メロディ・フェア」。その他にも「若葉の頃」や、感動的なエンディングで流れる「ティーチ・ユア・チルドレン」(この曲はビージーズではなくCSN&Y)など、まさに「珠玉」と形容するに相応しい。

しかし「一緒にいたいだけなのに、どうしていけないの?」と、真摯な表情で問いかける少女の瞳に、納得の行く返答ができる大人っているんだろうかな。
[PR]
by oldblues | 2004-11-16 22:51 | Various
b0008880_2236558.jpg
初めてピンクフロイドを聴くという人になら、多分「狂気」をお勧めする。他にも彼らの代表作といえば「原子心母」や「ザ・ウォール」などがあるし、知名度やセールス的にも「More」というのはあまり表に出てこない作品だ。
しかし、僕はこのアルバムが大好きなのである。高校時代に愛聴したということで、もしかしたら冷静な判断が出来ていないのかもしれない。だが、収録された曲のラインナップを改めて眺めてみると、これがけっこう名曲ばかりなんだよね。だから今「これは隠れた名盤かもしれないな」と、一人悦に入っているのである。

「More」は映画のサウンドトラック・アルバムだ。その映画は観ていない。タイトルを忘れてしまったところからすると、あまりたいした作品ではなかったのだろう。(独断)
確かドラッグをテーマにしたものだったという記憶があるけど、まあそんなことはどうでもいい。

ライナー・ノーツにも書いてあるが、アルバム1曲目「サイラス・マイナー」の鳥の鳴き声を聞いているだけで、既にピンクフロイドの世界にトリップできてしまう。2曲目「ナイルの歌」は、彼らにしては珍しい正統派ハード・ロックだ。「嘆きの歌」「グリーン・イズ・ザ・カラー」はアコースティックな曲・・・という具合に、バラエティに富んだ作品が収録されている。もちろん「ピンクフロイドならでは」という、わけのわからん曲も入っていますけどね(笑)

僕は、いわゆるプログレッシブ・ロックというジャンルの曲が、あまり好きではない。なんと言うか、ブルースみたいに、もっと肉体に訴えるような音楽のほうが好きなのだ。でもピンクフロイドは別格。あ、キング・クリムゾンもかな。あ、キャメルやELPも捨て難いぞ。

いや~、こうして考えてみると、俺ってけっこうプログレ好きなんじゃん(^^ゞ
[PR]
by oldblues | 2004-11-16 22:41 | Old Rock
b0008880_21153611.jpgコステロが発表しているたくさんのアルバムの中で、この「マイティ・ライク・ア・ローズ」はどんな位置付けにあるのだろう?彼のベストを選べと言われたら、それぞれのファンたちはそれぞれの作品を挙げるんだろうな。ま、そんなことはどうでもよくて、僕はこのアルバムが大好きなのである。

エルビス・コステロはカッコいい。エモーショナルなヴォーカル。ロック・スピリッツ溢れる楽曲。もちろんバラードもこの上なく魅力的だ。彼の声質と相まって、甘さの中にもビターな部分が同居しているところがよくて、作品に非常な深みを与えている。
「マイティ・ライク・ア・ローズ」は90年代初めに発表されたアルバムだが、上に書いたような彼の良い部分が凝縮されているように思う。どの曲もみんな好きだけど、その中でも僕の好きなのは「ソー・ライク・キャンディ」だ。美しく哀切なメロディ、ああ・・・

もともと彼はとても幅広い音楽性を持っているのだが、本質的にはロックの人だと思う。最近のアルバムを聴いているとジャズやクラシックへの傾倒が強く、賛否両論あるところだろうが、僕としてはちょっと寂しい気がする。なんと言うか、格調高くて高尚で、僕にとってはあまりにも渋すぎるのね。あ、もちろんそういう作品がダメというわけじゃないんだけど。

きっと彼にはやりたい事がいっぱいあり過ぎるんだろうな。スーパースターだし、その時点で自分のやりたい音楽をやれるような環境にもある。だけどたまにはこのアルバムのような作品も発表してほしい。ま、これは1ファンのわがままですけどね
[PR]
by oldblues | 2004-11-13 21:16 | Rock

愛しのアグネス

b0008880_11203217.jpg
アグネスというのはアグネス・チャンのことだ。当時人気のあったアイドルとしては、天地真理を筆頭に、麻丘めぐみ、南沙織、ちょっと下って花の中三トリオやキャンディーズなどいろいろいたけど、僕のアイドルは圧倒的にアグネス・チャンだった。実は岩崎宏美も大好きだったのだが、その話はまた・・・

何が好きだったかといって、やっぱりあの清純で真面目そうなところがいい。第一可愛いじゃん。そのくせ「芸能人大運動会」などで、Tシャツを着て走っている姿を見ると、案外巨乳だなどということがわかり、清純そうな外見を肉体が裏切っているというようなギャップがまたいい。あ、この発言はセクハラでした。忘れてください(笑)

芸能界はどろどろした所だし、アイドルなんて清純そうに装っているだけで、実は陰で何をやってるかわからないんだぞと。まあそういう意見はいやというほど聞きました。だけど僕は、アグネスだけは違うんだもんねと、半ば本気で信じ込んでいたのだ。だってそうでしょ。アグネスに限ってそんなことあるわけないじゃん。
それにアイドルやスターなんていうのは虚像を売るものだから、仮に彼女(彼)等が、私生活でどんなことをやっていようと、実はものすごく性格が悪かろうと、それはどうだっていい。僕はそう思っているのである。

で、今回取り上げたいのは「アグネスの小さな日記」というアルバムで、ここに収録されている「ポケットいっぱいの秘密」がお気に入りなのだ。演奏はキャラメルママがやっている。シングルのバージョンとはちょっと違うみたいなんだけど、僕はこちらをお勧めします。

しかし、今回改めて彼女のシングル盤のジャケットをいろいろ見返してみたんだけど、やっぱりアグネスは可愛いよね。70年代の雰囲気が溢れて、切ないような胸が締め付けられるような気持ちになりました。

僕の中のアグネスは、今でもあのロングヘアで、赤い靴に白いハイソックスを履き、ちょっと舌足らずな言葉で歌っている・・・ああ、愛しのアグネス
[PR]
by oldblues | 2004-11-13 11:24 | Various

テキーラ・サンライズ

b0008880_2304986.jpg
イーグルスといえば楽天だが、われわれにとっては「ホテル・カリフォルニア」である。確かにこの曲は10年にひとつという名曲だし、これをきっかけにイーグルスが大ブレイクしたのも事実だ。いや、その前から既に人気グループだったけど、超が付くスーパー・メジャーになったという意味で・・・

しかし「ホテル・カリフォルニア」は名曲だが、同タイトルのアルバムが名盤かというと、僕はそうでもないという気がする。なぜかというと、「ホテル・カリフォルニア」だけが傑出していて、トータル的にバランスが取れていないという気がするからだ。アルバムとして優れているのは、これではなくてもっと別の作品ではないかと思っているのは僕だけじゃないだろう(お前だけだよ!)

ならば、「おまえが推薦する彼らのベスト・アルバムは何か?」と尋ねられたら、僕はノータイムで「ならず者」だと答える。
彼らの2枚目となるこの作品は、どちらかというと地味目であるが、とてもいい曲ばかりが収録されている。曲によるバラつきがないし、全体のイメージも統一されている。渋いけど名盤・・・そんな感じがする

タイトル曲になっている「デスペラード」もいいし「ドゥーリン・ドルトン」もいい。ちょっと渋めのところで「サタディナイト」も大好きだ。
しかし、このアルバムの中で1曲選ぶとすれば「テキーラ・サンライズ」を推したい。まあ、誰もそんなこと聞きゃしないが(^^;)

シンプルながら飽きの来ないメロディ。演奏も伸びやかで、大砂漠の向こうから昇ってくる血のように赤い太陽が目の前に見えるような気がする。そして、この曲を聞いていると、試験や仕事や、その他の煩わしい人生の約束事なんて、もうどうだっていいやという気になってくるから不思議だ。

もちろんそれは決してヤケクソの居直りという意味ではなく「細かい事にクヨクヨするなよ」という、彼らからのおおらかなメッセージを受け取っているというような意味なんだけどね。

少なくとも僕は、この曲によってずいぶん救われた。それは確かだな
[PR]
by oldblues | 2004-11-08 23:00 | Old Rock

幸運な邂逅


b0008880_218473.jpg
めっきり秋めいてきた。朝晩はかなり冷え込むようになってきたし、そろそろあちこちで紅葉のシーズンが始まるだろう。
僕は秋が大好きで、秋が来るとなんだかわくわくしてしまう。もちろん夏が嫌いなわけじゃないし、他の季節だってみんなそれなりの良さがある。しかし、街を歩いているとどこからかキンモクセイの香りが漂い、今年初めてのセーターを着ようかなという時期になると、なんだか気持ちも引きしまってくるし、さあ音楽を聴くぞという気分になるじゃないですか(笑)

そこで、僕の「秋になると聴きたい曲」であるが、それはテンポズというグループの「シー・ユー・イン・セプテンバー」である。先ずタイトルに「9月」という単語が入っているのが、既に秋という季節を感じさせる。ま、そのまんまですけどね(^^;)

初めて聴いたのに、なぜかずっと前から知っていたような、理由はないけどなんだかすごく懐かしい・・・そんな曲が有る。僕の場合はまさにそれがこの曲なのだ。

ずいぶん前に「アメリカン・グラフィティ」という映画を観て(内容は割愛するが)BGMで使われていたオールディーズが気に入り、2枚組みのレコードを購入した。実は「シー・ユー・イン・セプテンバー」はそのサントラ盤に収録されていたのである。
恥ずかしながらそれまで僕は、テンポズというグループも「シー・ユー・イン・セプテンバー」という曲の存在も全く知らなかった。しかし、先に触れたように、この曲を聴いた瞬間、なんだかとても懐かしく切ない気持ちにさせられたのだ。
これは僕にとって、とても幸福な出会いだと言えるだろう。だって、こんなに甘く切なく懐かしい気分を味わう事が出来る音楽に巡り合えたんだから。

長く音楽を聴いていると、こういう「幸運な邂逅」としか言いようのない経験をする事がある。だから、そういう意味でも音楽聴くのは止められないんだよね(^o^)丿
[PR]
by oldblues | 2004-11-07 21:10 | Various