大好きな音楽の話をしたいな


by oldblues
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2006年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

風に語りて

b0008880_21415930.jpg本日、久しぶりに「クリムゾン・キングの宮殿」を聴いた。発売された当初から名盤の評価を欲しいままにし、35年以上が経過した現在も、尚その輝きが失われることは無い。今やプログレという1ジャンルにとどまらず、全ロック・アルバムを代表する名作としての評価が定着している、まさに名盤中の名盤である。

しかし、だからこそ、あまりにも多くの場所で多くの人によって語られているがゆえに、実際にアルバムを通して聴く機会は思いの外少なかった。なんというか、聴いていないのに聴いたような錯覚に陥ってしまうのである。ま、これは僕の場合だけかもしれないが。

①21st Century Schizoid Man(including Mirrors)
②I Talk To The Wind
③Epitaph
④Moonchild
⑤The Court Of The Crimson King

どの曲をとっても素晴らしい。しかしアルバムを通して聴くことにより、より深い感銘が得られるような気がする。まるで長編映画を観ているような感じ。メンバー個々の演奏技術も非常に高く、ポップ・ミュージックが芸術の域に到達した稀有な例だと思う。

壮大な組曲としての聴き方が相応しいこの作品だが、それでも個々の曲に対する好みは千差万別だろう。独特のグルーブ感を持つ①をフェイバリットに挙げる人もいれば、ドラマチックな演奏が展開される③が好きな人もいる。いやいや、やっぱりタイトルにもなっている⑤の荘厳さが一番だという人や、④の静謐感を愛する人も多いに違いない。

では僕の場合だが、敢えて選ぶなら②の「I Talk To The Wind」を推したい。「風に語りて」という邦題が冠せられたこの曲は、美しいメロディ、フルートの音色、グレッグ・レイクの透明感溢れるヴォーカル、その全てが見事にコラボレートし、独特の叙情性を醸し出している。惜しむらくは詩が難解で、訳詩を読んですらあまり理解できないところだが、これは僕の語学力不足が原因なので、文句を言うのは筋違いというものである。

キング・クリムゾンはメンバー・チェンジを繰り返しながら、常に進化し続けてきた。数々の作品がある中で、未だに「クリムゾン・キングの宮殿」が代表作として認知されている大きな理由は、ひとえにジャケット・デザインのインパクトに因るところが大きいだろう。蛇足ながら付け加えておく。
[PR]
by oldblues | 2006-03-18 21:44 | Old Rock

Ghost of a dog

b0008880_0505275.jpgエディ・ブリケル&ザ・ニュー・ボヘミアンズを初めて聴いたのは「Shooting Rubberbands At The Stars」をレンタルショップで借りたのがきっかけだった。それまで彼女の存在は知らなかったけれど、ジャケットに描かれたイラストが印象的だったし、なんといってもアルバムタイトルが粋じゃないですか。
そんなわけで、初めは「ジャケ買い」ならぬ「ジャケ借り」だったわけだ。つまりそれほどイラストのインパクトが強くて。

僕は、「センスの良いジャケットを持ったCDは音楽の内容も良い」という論の信奉者だ。たまには外れもあるけど、おおむねそういう傾向があるのではないだろうか。で、家に持ち帰り早速聴いてみると、自分の選球眼は間違っていなかったと、何となく誇らしげな気持ちになった。「これ、なかなかいいじゃん」というわけだ。

エディ・ブリケル&ザ・ニュー・ボヘミアンズは、ヴォーカルに紅一点のエディをフィーチャーしたバンドだ。そのサウンドは仄かに土の香りがするシンプルでストレートなロック。「フォーク・ロック」よりも少しロック寄りのような気がする。
けれんの無い演奏に乗って気持ちよく歌うエディのヴォーカルは、個性的でありながら嫌味が無く、とても素直に心に入り込んでくる。

そしてタイトルの「Ghost of a dog」そんな彼女たちの2ndアルバムだ。商業的な成功を収めた1に対し、こちらの方はあまりパッとしなかったようだ。しかし内容はというと、僕は1stに負けず劣ら素晴らしいと思う。ジャケットだってカッコいい。「田舎の家。犬小屋のそばではためく洗濯物」というシチュエーションの写真が使われ、僕の感覚からするとかなりセンスが良いと思われるのだ。

実はこのアルバム、中古品のワゴンセールで本日手に入れたばかり。何と360円という破格の値段で売られていたのである。いくら中古とはいえニュー・ボヘミアンズをなめてるんじゃないかと感じたくらいだ。(笑)

そして今、そのアルバムを聴きながらこのレビューを書いている。地味かもしれないが味のある作品。きっと何度聴いても飽きが来ないんじゃないかな。
[PR]
by oldblues | 2006-03-17 00:54 | Rock

Meu Nome E Gal

b0008880_20593013.jpg最近の僕のお気に入りは、ガル・コスタのこのアルバムだ。タイトルはポルトガル語で「My name is Gal」という意味らしい。ブラジルを代表する歌姫、ガル・コスタのベスト盤である。

知識が無いのでよくわからないが、内容はいかにも中南米音楽という感じのサンバから、ゴージャスなアレンジのポピュラー・ミュージックまで、また他のミュージシャンと競演したライブも収められ、まさに「Best of」に相応しいものだ。

僕は彼女のアルバムを何枚か持っているが、それは全てアナログ盤なので、今となっては聴きたくてもなかなか聴けない状況になってしまっている。そんな時、アップルのITMSでこのアルバムの存在を知り、これはいいとばかりに即購入した。素敵な音楽が20曲も収録されていて、かなりのお買い得。仕事で疲れた体や心が、これを聴いていると元気になってくる。音楽ってすごい力があるのだと、今更のように感じている。

20曲はどれをとっても素晴らしく甲乙つけがたい。結局はその時の気分によって、聴きたい曲が変動するに過ぎない。そして現在は1)Luz do Sol 7)Folhetim 11) India 12) So Louco 16) Teco Tecoなどがお気に入りでよく聴いている。

当分、そしてこれからもずっと愛聴するであろう1枚である。
[PR]
by oldblues | 2006-03-05 21:01 | Latin