大好きな音楽の話をしたいな


by oldblues
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2006年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

b0008880_22202334.jpg中学生の頃、友達の家でこのシングル盤を聴きぶっとんだ。印象的なオルガンのイントロで始まるハードなナンバーは、それまで深夜ラジオなどで聴いていた流行のポップスとはどこか違う、非常に前衛的かつ芸術的な音楽だと感じられたのだ。

思えば当時は「アート・ロック」などという言葉があって、確かドアーズなんかもそう呼ばれいたのではなかったか?いわゆるポピュラー・ミュージックとは一線を画した「芸術の域にまで昇華したロック」という意味合いで名付けられたのだろうが、地方の中学生だった僕としては、これを聴くと何か自分までが高尚になったような錯覚に陥いり、大いに気を良くしたものだった。

「キープ・ミー・ハンギング・オン」はもともとシュープリームスの曲だったという。そして後にロッド・スチュワートもカバーしている。しかし僕にとってこの曲は、やはりバニラ・ファッジのものという印象が強いし、彼らがオリジナルだと思っている人は多いのではないだろうか。実は僕もわりと最近まではそう思っていた。

余談だが、バニラ・ファッジのメンバーにはティム・ボガードとカーマイン・アピスがいた。ご承知のようにこの2人は後にジェフ・ベックと一緒にやることになるのだが、その前にカクタスというハード・ロック・バンドを結成し、数枚のアルバムを発表している。そして実はこのカクタスもなかなか良いバンドで、確かファースト・アルバムに収録されていた、「のっぽのサリー」のヘヴィな演奏は忘れられない。

アルバムに収められた「キープ・ミー・ハンギング・オン」は、演奏時間が7分以上の大作だった。それに比べシングル・バージョンは3分そこそこ。どちらが良いかはわからないが、先にシングルを聴いてしまった僕としては、やはりこちらのバージョンが好き。今聴くと、ほら当時のサイケデリックな感じが蘇って、なんだか嬉しくなるじゃないですか。
[PR]
by oldblues | 2006-07-22 22:24 | Old Rock

見知らぬ街

b0008880_22423070.jpg本国ではかなりの人気があり、キャリアも長いし質の高い作品も発表し続けている。それなのになぜか日本ではイマイチ知名度が低い。そんなアーティストはたくさんいるけど、ボブ・シーガーなどは、まさにその代表選手のような感じだ。

かくいう僕も大きなことは言えない。たまたま手に入れたこのアルバムで彼を知っただけで、その他の作品はそれほど聴いたことがないのだから。
それにしても邦題で「見知らぬ街」と名づけられたこのアルバムは素晴らしい。ボブ・シーガーを聴いたことのない人も、是非これだけは、いやロック・ミュージックに関心があるなら絶対に聴くべきだとお勧めしたい。

シンプルで骨太なロックン・ロール。彼のやっている音楽を一言で表現するならそうなるだろう。Bob Seger & The Silver Bullet Band名義で発表されたこのアルバムには、そんな彼の魅力が凝縮されている。ワイルドでスピード感溢れるロックン・ロール。タイトでファンキーなミディアム・ナンバー。それから美しいバラードまで、珠玉のような楽曲が9曲収められているのだが、そのどれをとっても素晴らしい出来栄えで、そういう意味でも内容の濃い作品集となっている。

もうひとつ忘れてはならないのが彼の声の良さである。と言っても美声とは程遠いしゃがれ声なのだが、この声でバラードを歌われたりすると、美しい曲がさらに哀切さを増し、それが甘すぎず、いい具合に枯れて、まさに「ほど良い感じ」になるのだ。

① Hollywood Nights
② Still The Same
③ Old Time Rock & Roll
④ Till It Shines
⑤ Feel Like A Number
⑥ Ain't Got No Money
⑦ We've Got Tonite
⑧ Brave Strangers
⑨ The Famous Final Scene

楽曲は全てがお勧めで捨て曲は無い。なので曲の優劣はつけられないのだが、その中でも敢えて僕のフェイバリットを挙げるとしたら④ Till It Shines。

いや~渋いです。
[PR]
by oldblues | 2006-07-16 22:39 | Old Rock