大好きな音楽の話をしたいな


by oldblues
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2008年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

We Walked In Song

b0008880_23212621.jpg2007年に発売された本作品は、おそらく現時点ではThe Innocence Missionの最新作ということになるのだろう。日本盤のみボーナストラック「Shooting Star (Sketch)」が収録され、さらにiTunes Storeで購入すると2曲のボーナストラックが付いてくる。全14曲で1,200円という値段は、なかなかお買い得だなと思う。

1. Brotherhood of Man
2. Happy Birthday
3. Love That Boy
4. Into Brooklyn, Early in the Morning
5. Lake Shore Drive
6. Song from Tom
7. Since I Still Tell You My Every Day
8. Wave Is Rolling
9. Colors of the World
10. Over the Moon
11. My Sisters Return from Ireland
12. Shooting Star (Sketch)
13. Song from Holland (Bonus Track)
14. Do You See My Brothers Coming? (Bonus Track)

彼らの音楽を一言で表すならば「Pure」という言葉が最も適切なのではないだろうか。「心が洗われるような音楽」というのは、表現としては月並みだけれど、実際にはそうそうあるものではない。納められた楽曲のタイトルをずらっと並べてみただけで、なんとなくそんな感じが伝わってくるような気がしないだろうか。

そんな彼らの魅力を支える最も大きな要素は、やはりKaren Perisのヴォーカルであることは間違いない。その声の良さは天性のものだ。しかし彼女の歌をサポートする演奏も、The Innocence Missionというユニットのサウンドを語る上では欠かせない。控えめでありながら主張すべきところはきちんと主張し、まるで歌に寄り添うような一体感を醸し出している。

サウンドからすると、彼等の音楽は「フォーク・ロック」とか「ポップ・ロック」などということになるのだろう。しかしそんなジャンル分けなどは全く意味が無い。それどころか、あきれ返るほど愚かな行為なのだと、この信じられないくらい美しい歌たちを聴いていると、そう思い知らされる。

瑞々しい14個の野苺が並んだ真っ白な皿。「We Walked In Song」はそんなアルバムなのだ。
[PR]
by oldblues | 2008-03-30 23:23 | Pops

さざなみCD

b0008880_22104857.jpgスピッツ12枚目のオリジナル・アルバムということで、オリコンのアルバムチャートでも1位になったらしい。しかし敢えて言わせてもらうならば、このアルバムの中にはスピッツを代表するような名曲は無いと考えている。

誤解のないように書いておくが、これは決して価値を貶めようとしているのではない。むしろその逆で、スピッツの魅力が凝縮されたような曲ばかりが収録されている、非常に質の高いアルバムに仕上がっていると思っているのだ。

1. 僕のギター
2. 桃
3. 群青
4. Na・de・Na・de ボーイ
5. ルキンフォー
6. 不思議
7. 点と点
8. P
9. 魔法のコトバ
10. トビウオ
11. ネズミの進化
12. 漣
13. 砂漠の花

一番のお気に入りは「8」。「抱きしめた時の空の色 思い出になるほど晴れわたる」という歌詞は、まさに草野正宗の真価が発揮されたもので、この美しいフレーズを聴くたびに胸が締め付けられるような気持ちになる。
その次に好きなのが「1」「5」「7」「10」あたりだろうか。特に「7」は『三日月ロック』の中の「夜を駆ける」を彷彿とさせ、こういう世界観が好きな僕にとってはたまらない魅力を感じさせる作品になっている。

名曲は無いけれど全てが佳曲。このアルバムはリリースされた時点から、隠れた名盤という評価を運命付けられているのかもしれない。そういう意味では『フェイクファー』に似ていると思うのだが・・・
[PR]
by oldblues | 2008-03-23 22:12 | J-POP