大好きな音楽の話をしたいな


by oldblues
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

回帰線

b0008880_17522812.jpgメジャーな音楽シーンとはあまり縁がないが、南正人は長く活動している人である。大ファンというわけでもないのに、彼のアルバムを3枚持っている。フェイバリットに挙げることはないけれど、いつまでも心に残る存在だ。

「回帰線」でデビューしてから、もう30年以上が経過した。そして彼は今でも全国をツァーして回っている。変わらずに「風のように自由に旅する人生」を実践している。これはとてもすごい事だ。誰もがこういう生き方に憧れて口にするけど、実際にやるのはとても難しい。

「回帰線」は71年の作品で、音楽性や演奏の技術だけに注目するならば、後の作品の方が優れていると言えるかもしれない。しかし、このアルバムを初めて聴いた時の衝撃は今でも鮮やかに蘇る。

1.TRAIN BLUE
2.夜をくぐり抜けるまで
3.こんなに遠くまで
4.海と男と女のブルース
5.It Can't Be Over
6.愛の絆
7.青い面影
8.悲しみ忘れた悲しさ
9.果てしない流れに咲く胸いっぱいの愛

1)3)4)5)などが僕のお気に入りだ。特に「ヨコスカ・ブルース」という別名の付いた4)の歌詞がカッコ良くて、自分でもギターを抱えて真似して歌ったものだ。でも当時まだ子供だった僕には、歌詞の深い意味なんてわかりはしなかったけれど。

男の心は海の広さ
女の心は海の青さ
海が荒れれば心が燃える
海と男と女のブルース
捨てても捨てられても うらみっこ無しさ
by oldblues | 2005-10-16 17:53 | 70's Rock&Folk(J)